賃貸住宅のベストな方角

賃貸住宅の条件のところに、「南向きの物件」とか、「東向きの物件」とかいう表示があります。これは、その賃貸物件の方角を示しています。一般的に、窓のある方角を言います。つまり南向きの物件とは、南側に窓のある物件ということになります。ちなみに、窓が二つある場合にどちらの窓を指すかですが、どちらの窓を選ぶかは不動産会社の自由ですが、通常は採光の良い部屋の窓が選ばれているようです。南向きの物件や東向きの物件は太陽の昇る方角だから明るく、家を借りようとする人に人気があります。北向きの物件は日がささないから暗く、西向きの物件となると西日がさすから、真夏になると部屋の温度がとても暑くなります。ただ、北向きの物件や西向きの物件は、南向きの物件や東向きの物件と比べると家賃が安いことから、こちらの物件を選ぶ人もいます。一日中家の中にいる人は、窓の位置や採光が気になるかもしれませんが、夜寝るためだけに帰るような人であれば、それほど気にならないのではないでしょうか。

Copyright(c) 賃貸 方角 All Rights Reserved.