賃貸物件で人気がある方角=全ての人に良いとは限らない訳

一般的に賃貸で人気なのは、玄関が北にあり南向きにメインの居室と窓がある物件です。角部屋ならこれに加えて東西どちらかに窓が増えます。自分にぴったりなのはどちらでしょう。南向きの角部屋で東に窓がある物件は朝型の人におすすめです。東向きの窓から朝日が多く入り、日中は南からも日光が入りますから朝の目覚め重視の人にぴったりですね。一方、南向きの角部屋で西に窓がある場合は午後~夜型の人向けと言えます。午前中は日差しにさらされることなく、昼頃から日光が入るためです。夏場は西日で暑くなりやすいので、窓の構造やブラインドの有無は確認しておきたい設備です。朝早く起きる必要がなく外出時間が長いなら、両隣に部屋がある物件のほうが家賃は安くなります。両隣に入居者がいる場合は騒音に注意したい物件ですが、防寒の観点だと寒冷地では特におすすめです。方角に賃貸価値を見出すのは日本特有の習慣ともいえます。気にしない人なら家賃や設備面でもっと条件の良い物件を紹介してもらえる可能性があります。不動産屋さんで相談するときは他の設備希望と共に伝えるとスムーズです。

Copyright(c) 賃貸 方角 All Rights Reserved.